事業紹介

私たちは解体のスペシャリストです

石油化学プラントの解体ならお任せください!
全国どこでも伺います。

飲料メーカーの不要設備の解体、アスベスト除去(レベル2.3)なども承っております。

代表挨拶

私は前社で24年間、日本各地の石油・化学プラント工場内で老朽化、又は不要設備の解体工事の工事責任者を勤めてきました。石油化学プラントの規則は、独自で各工場の規則や手順が有り、それらを把握している協力会社は限定され、その協力会社が多忙だと実際に作業する作業員確保が難しいのが実情でした。

年々、協力会社と一緒に仕事をしてく中で「管理」と「施工」を別々の会社が行うのではなく「OneTeam」で仕事がしたい気持ちが募り、2020年に市原市姉崎で起業を致しました。

YOU、ヤっちゃいなよ

解体工事のプロとして、取り掛かる前から出来ないと決めつけるのは良くないと考えております。その為にもまずは「どの施工方法が1番安全で問題ないか」を、みんなで話し合うことが大切です。
当社の現場作業では先輩後輩関係なく、気後れせず、誰もが安全に作業し忌憚のない意見を言い合える環境を作っています。

私どもの円滑なチームワークは、社員のモチベーションアップのみならず、結果的にはお客様や関係者様と気持ちよく仕事が出来ることにも繋がっていると考えます。

スムーズな解体施工工事

豊富な経験をもとに、スムーズな工程になるように工事進行を管理、そして確かな技術を持った熟練社員が解体工事を施工します。
また解体工事伴い発生する産業廃棄物は、法律に基づき適切な処理を実施しています。なお、スクラップに関しては高価買取をしています。

管理から解体施工、廃棄物処理まで一連の流れを当社で行うことにより首尾よく対応することが可能です。

安全の最優先と意識を向上

解体工事は、老朽化しているものを壊すわけですから常に危険と隣り合わせです。もちろん万が一など無いように、国のガイドライン等を基準とした安全対策をしっかり行っています。
ですが、経験を重ねているうちに危険になれてしまう可能性があります。

当社ではひと月に1度、RKY(リスクアセスメント危険予防)勉強会を実施し、安全に対する意識の向上を図っています。

© 2021 株式会社ケンソウ